670A5518.jpg
nao-eternity in 10-.jpg

鈴木奈緒(すずき なお)/ ピアニスト、作曲家、編曲家、演奏指導

1966年12月18日 東京生まれ

絶対音感に恵まれ4歳よりクラシックピアノ、6歳より桐朋学園大学附属子供のための音楽教室で総合的音楽理論を学び10歳よりネム音楽院Jr.(現 ヤマハ音楽院)JOCにてエレクトーン即興演奏や作曲を始める。

桐朋学園大学短期大学部(現 桐朋学園芸術短期大学) 音楽専攻 ピアノ科卒業。同研究科修了。

​ジャズピアノを藤井英一氏に師事。

1990年頃より自己のピアノトリオを結成しライブ活動を始める。フレキシブルに進化する自作曲での活動を軸に音楽家のみならずコンテンポラリーダンス公演やライブペインティングとの即興コラボレーションなど多岐に渡って活躍する。
1992年 新進尺八奏者の土井啓輔CD『山越へ』(PRP-0003)のキーボーディストに起用されメンバーになり、テレビ朝日「ニュースステーション」京都-東福寺-紅葉中継生演奏、NHK BS-hi番組「公園通りで会いましょう」などに出演する他、イベント、コンサートにも参加。

ピアノアレンジャーとしても、ヤマハ出版「ジャズピアノ大全集」「Cook’in Jazz」などのピアノアレンジの他、フェアリー出版のJ-POP ピアノピースアレンジを多数担当した。
​2000年 ヤマハミュージックメディア出版のクラシックをジャズアレンジした藤井英一氏アレンジCD付き『in Jazz』シリーズの模範演奏に多数起用される。

2000年 ECMレコードSaravahレーベルの影響を受け、全曲オリジナルで構成しセルフプロデュースした1st CD『suite luz-光の組曲』nao suzuki (VBE-001)をリリースし密かに業界内で高く評価される。FM ラジオJ-Wave[Vision]番組テーマジングルに収録曲 ”A Fonte~泉” が起用される。

2010年 ジャズとクラシックの融合を試みた2ndアルバム『Eternity in 10』(VBE-004)をリリース。

2011年 TOKYO FM コミュニケーショングループ 音楽専門•衛星デジタルラジオ
          MUSIC BIRD番組 [Crossover Night] に日本人ジャズピアニスト特集に出演。

2011年「W100ピアニスト ジャンルを超えた女性演奏家たち」(シンコーミュージックムック)に

ピアニストとして記事が掲載される。
2011年-2014年  NHKドラマにおける俳優陣やのピアノ指導、オルガン指導、吹替演奏者として

起用され連続テレビ小説「おひさま」大河ドラマ「八重の桜」など6作品担当する。
2015年 CADENZA by ティートックレコーズよりヒーリングジャズピアニストとしてのソロピアノアルバム[睡蓮~Water Lily](CADE-0011)リリース。世界三大ピアノ、ベヒシュタインC234を使用した

高解像度録音のピアノソロアルバムとなっている。

和歌山県観光連盟「水の国、わかやま。」のキャンペンの一環として水の写真家、内山りゅうスライドショー音楽に収録曲   "Mountain"が起用されている。

2011年東日本大震災以降はアロマテラピストとのコラボレーションやアフタヌーンライブなどでの自作品のソロピアノライブなどヒーリングジャズピアニストとしてのオファーの一方でアグレッシブでダンサブルなジャズサンバプロジェクトThe Farah Quintet』のLP/CD国内ツアーなどでも活躍。

2017年-2019年 かねてから惹かれていたブラジル音楽をメインとしたリーダーバンドMellow&Brazil-、-NOS-を結成し活動。
即興を中心とした創造的な表現スタイルは計り知れず、 ジャンルを超えて活動するコンポーザーピアニスト。今を一瞬一瞬大切に生きていくことで心と五感に響く生きた音楽を奏で続けている。
 

670A5728.arr.jpeg

リーダーアルバム  

2000年 suite luz~光の組曲 (VBE-001)

2003年 Dear Someday (VBE-002)

2007年 naosuzuki live selection 2005-2007(VBE-003)

2010年 Eternity in 10~Nao Suzuki with String Quartet (VBE-004)

2015年 睡蓮-Water Lily (CADE-0011)

2021年 Dance (Single) (VBE-005)

2021年 Piano Art (VBE-006)