AFTERNOON LIVE vol.18 御礼


昨日のAFTERNOON LIVE vol.18 皆様のおかげで

楽しいライブになりました!遥々遠くからご来場下さった

お客様もいらっしゃり感激でした☆

昨日はオリジナルの他に私がこれまでに影響を受けてきた

スペインやブラジルやジャズのアーティストの作品を交えながらの

ステージでいつもよりリズミックで色彩豊かにお贈りしてみましたが

いかがでしたでしょうか?

今回は森の中で風や光を浴びながらピアノを弾いている

ようなシチュエーションを感じていただきたくて

自然音を彷彿とさせるような木の実やリャマの爪などで出来た

パーカッション小物や鈴などと伴にピアノを弾いてみました!

これ、くせになりそう!です(笑)そしてこれから少しずつ

進化していきそうな予感がしています(笑)

実は今週、ブラジルのピアニストでありギタリストでもある

巨匠エグベルト・ジスモンチと伴に来日するはずだった

敬愛するブラジルのパーカッショニスト・ナナ・ヴァスコンセロス

が惜しくも先日お亡くなりになったので、このところずっと

彼らのアルバムを聴いていました。

ピエール・バルーによって世に知られることになり、

まず私は中学生の頃、日野皓正さんの[City Conection]で

彼の存在を知る事になったのです!発表会で弾かせていただいた

思い出があります!!

その他おすすめアルバムは以下です。

Egberto Gismonti "Dança Das Cabeças"(輝く水)(ECM)

エグベルト・ジスモンチ(g,p,vo,wood fl) ナナ・ヴァスコン セロス(per,vo).

1976年11月 オスロ/タレント・スタジオで録音.

ナナはイリアーヌ・イリアスのPlays Jobimでも

本当に美しいサウンドを生み出しているし、

Collin Walcott,Don Cherryとのアルバム[Codona](ECM)

でもなんとも心地の良いサウンドを聴かせてくれます。

ぜひ機会があったら聴いてみて下さいね。

大好きなアルバムばかりです。

ブラジルの大自然を彷彿とさせる彼らの音楽。

スケール感、豊かな色彩感、躍動感は永遠の憧れです。

ということで最近ジスモンチ&ナナに捧げる曲が出来たので

追悼させていただきました。

今週のジスモンチのコンサートもナナの追悼コンサートに

なるようなのでぎりぎりでチケットがとれたことが本当に

嬉しい。ジスモンチと一緒に感謝の気持ちを捧げたいと

思っています。

5月はまたジャズサンバハウスユニットのツアーや

サンフランシスコから一時帰国のヴォーカリストIzumi Hayakawaさん

とのデュオライブもあります。

そして次回のソロライブは6月18日(土)になります。

こちらも予約始っています。

ご予約はこちらのフォームよりどうぞ。

またぜひ皆様にお会い出来ますことを楽しみにしています!

(熊本の地震で被災された方々にお見舞い申し上げます。 これ以上被害が広がらないように祈るばかりです。)